情報公共論課題 – 行政の電子化とオープン化

「近年、公共データの活用促進、すなわち「オープンデータ」の推進により、行政の透明性・信頼性の向上、国民参加・官民協働の推進、経済の活性化・行政の効率化が三位一体で進むことが期待されています。」とよく言われる。
 米国オバマ政権の「オープンガバメント」戦略などそうした取り組みの具体例を挙げながら、「公共データのオープン化とは何か?」「「公共データのオープン化にはどのような有用性があるのか?」をわかりやすく説明しなさい。
 
参考資料
  1. NTTデータ経営研究所・上瀬剛(2010)「情報のオープン化から見えてくるもの」
  2. 三菱総合研究所・村上文洋「公共データのオープン化は社会や企業にどのような影響をもたらすか- 動き出した日本のオープンデータ戦略」
  3. 経済産業省「オープンガバメントの推進」経済産業省ホーム > 情報政策ホーム > 情報政策の概要 > 電子政府の実現 >
  4. 総務省「オープンデータ戦略の推進」総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 >
  5. USA White House. “Open government Initiative”
  6. 英語版wikipedia “Open government”

「だれでもコピー自由 — フリーソフトウエア米から上陸(ビジネスTODAY)」『日経産業新聞』1989年09月14日
「強い米経済「伝道」が支える――コピー”ライト”より”レフト”に利益(地球回覧)」『日本経済新聞』1997年06月03日朝刊
「フリーソフト「教祖」に聞く――「ソフト特許は開発阻害」、利用者の声で改良自在に」『日経産業新聞』2003年05月19日

カテゴリー: 2016情報公共論, イノベーション論, オープンデータ, 学習用課題, 情報公共論, 授業課題, 電子政府, 電子自治体 パーマリンク