情報の非対称性問題としてのsource codeの公開・非公開問題

OSS(Open Source Software)は、プログラムのソースコード(source code)を公開している。

しかしマイクロソフトなどの営利企業の製品は、proprietary softwareとしてプログラムのソースコード(source code)を公開していない。

問1 なぜマイクロソフトは営利企業としてソースコードの公開をしていないのか?その理由をわかりやすく説明しなさい。

営利企業における不正問題の頻発は、営利企業およびその組織に属する人々のモラルやコンプライアンス意識が低下していることを示している。フォルクスワーゲンによる不正プログラムは、プログラムのソースコードが公開されていないことによって生じた問題である。

問2 キーロガー問題やバックドア問題に対処する方策の一つは、プログラムのソースコードを公開にすることである。それはどういうことなのかをわかりやすく説明しなさい。

参考WEB記事
@IT情報マネジメント編集部(2003)「プロプライエタリ(proprietary)」『情報システム用語事典』
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0310/27/news002.html

国沢光宏(2015)「視点・論点 「フォルクスワーゲン不正問題と自動車の未来」」NHKオンライン>NHK解説委員室、2015年10月27日
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/230652.html

中島みなみ(2015)「VWの不正プログラム組み込み、国内でも確認求める…国交省」Response>自動車>社会>行政>記事、2015年9月25日
http://response.jp/article/2015/09/25/260673.html

カテゴリー: 2016年度, 2016情報公共論, 情報公共論, 授業メモ, 授業課題 パーマリンク