情報公共論 2016.07.05

1.営利企業活動における知的財産権をめぐる「commonsの悲劇」問題、「anticommonsの悲劇」問題
a. 「commonsの悲劇」問題⇒知的財産権によるprivate goods化に対する正当化の根拠
ex. Windows系PCのためのWindows OSソフトという情報財は、Microsoftが持つ知的財産権によって囲い込まれており、他者が販売することはできない
 
b. 「anticommonsの悲劇」問題⇒知的財産権によるprivate goods化に対する批判の根拠
ex. フォントの書体作成には多額の費用がかかるが、フォントの書体に対する著作権は認められていない
 
2.「anticommonsの悲劇」問題を考察するための事例としてのGUI OS
a. AppleのMac OS vs MicrosoftのWindows OS
 
b. Apple vs Samsung
 
3. Patent commons vs Patent Troll
カテゴリー: 2016年度, 2016情報公共論, 情報公共論, 授業メモ パーマリンク