教養演習 2016.06.07

Product design視点から見た製品イノベーションの基本的方向性
1) 旧世代製品にない新機能を、新世代製品に持たせる(新機能追加)
2) 旧世代製品の性能よりも、新世代製品の性能を向上させる(高性能化)
 
「Product design」視点から見た製品イノベーションの具体的様相
現実の製品イノベーションにおいて、上記の基本的方向性がすべての面で常に満たされているわけではないが、重要な機能に関してはそうした視点から考察することができる。
 
新世代製品と旧世代製品の優劣に関する様々な視点からの考察
新世代製品と旧世代製品の間の製品間競争のあり方、すなわち、新世代製品と旧世代製品の優劣に関しては様々な視点から考察することができる。

現実の製品イノベーションの社会的普及の成功・失敗を規定している要因を製品視点から分析する際には、そうした多面的視点からの考察が有用である。
例えば、下記のような問いの視点から考察することが有用である。

問1 新世代製品はどのような意味において旧世代製品よりも機能面において優れているのか?あるいは、劣っているのか?
問2 新世代製品はどのような意味において旧世代製品よりも性能面において優れているのか?あるいは、劣っているのか?
問3 新世代製品がその本来的な機能・性能を発揮するのに必要な補完財の社会的普及度は、旧世代製品がその本来的な機能・性能を発揮するのに必要な補完財の社会的普及度と比べて一般的には劣っている。補完財製品の普及度向上に関する戦略的対応としてどのようなことが想定されているのか?
 
「製品のシステム性」視点から見た製品イノベーション
 
カテゴリー: 2016教養演習A, 教養演習A パーマリンク