radical innovationにおける互換性実現に関する技術的困難性

Microsoftによる「2015年秋までにXbox One上で動作するXbox 360のエミュレーターを開発し、360のソフト、100タイトルを提供することを予定している」という趣旨のE3 2015における発表に対する、SonyのPS4のソフト開発責任者・吉田修平氏(SCEワールドワイド・スタジオ代表)のコメントに関する記事。
本記事によれば、吉田氏は、「PS4でPS3のソフトを動かすことは超困難(super challenging)な作業になるだろう」と述べている。その理由は、「ほとんどのPS3ソフトはPS3のアーキテクチャーに最適化されており、更に、ソフトによってはSPUに依存した作りとなっている」ということである。

[原文]
Wesley Yin-Poole(2015) ”Don’t hold your breath for PS4 backwards compatibility — “PS3 is such a unique architecture…” ” eurogamer.net, 2015/06/19

カテゴリー: イノベーション論, 互換性問題, 技術戦略論 パーマリンク