情報公共論2014.06.10

[前回の授業内容]情報公共論 2014.06.03
[次回の授業内容]情報公共論 2014.06.17
 
[配付資料]
2.アニメ映画・ディズニー(2001)「アトランティス」とTVアニメ・ガイナックス(1990)「ナディア」の類似性の高さに関連する記事
3.竹熊健太郎(2008) 「「漫画トレースもお互い様だが……」 竹熊健太郎氏が語る、現場と著作権法のズレ」」ITメディアニュース
5.nagayanhouse(2012)「江口寿史が「花沢健吾」「浅野いにお」的な背景を批判」2012年04月14日
[今回の授業内容のポイント]
「新たな創造という善き目的によって許されるコピペ」と「新たな創造という善き目的であっても許されないコピペ」に関するスペクトル分布的あり方 — グレーゾーンの存在とその範囲に関する社会的合意の歴史的変遷

新しい著作物の創作行為における一次創作性と二次創作性
a.最低限度以上の一次創作性の必要性—「単なる剽窃」は不可、新たなoriginalityの必要性
b.先行著作物に対する正当なseeds的利用 —- 著作権者の許諾 or 無断利用可能性

 

漫画における一次創作性と二次創作性
トレースした場合における「許されない模倣」 vs 「許される模倣」
二次創作性
 

 

[関連資料]
2.アニメ映画・ディズニー(2001)「アトランティス」とTVアニメ・ガイナックス(1990)「ナディア」の類似性の高さに関連する記事
3.TVアニメ・ガイナックス(1990)「ふしぎの海のナディア」に関連する日本語記事
カテゴリー: 2014年度, 2014情報公共論, 情報公共論, 授業メモ パーマリンク