「迂回生産」論 — 道具、機械

[授業内容に関わる背景的論点:迂回生産]
人類の歴史的進歩に関する「迂回生産論」的理解
necessity/usefulnessに基づく新技術開発や新製品開発の源泉の一つは、人類の歴史的進歩に関する下記のようなあり方の変遷にもある。

1.「道具を使う動物」
(天然に存在する道具を使って、製品を生産する動物)
   ↓
2.「道具を創る動物」
(天然には存在しない道具を創って、製品を生産する動物)
   ↓
3.「道具を使って道具を創る動物」
(天然には存在しない道具を使って、天然には存在しない道具を創って、製品を生産する動物)
(天然には存在しない道具を使って、天然には存在しない機械を創って、製品を生産する動物)
(天然には存在しない機械[工作機械]を使って、天然には存在しない機械を創って、製品を生産する動物)

 

[用語解説]
「迂回生産」『平凡社 世界大百科事典 第2版』
http://kotobank.jp/word/迂回生産

カテゴリー: 2014経営技術論, 経営技術論 パーマリンク