教養演習A 2014.04.30

[本日の授業内容]
PCおよびゲーム専用機に関する基礎知識(3) —- 新製品出荷の頻度に関するPCとゲーム専用機の差異

PCは頻繁に新製品が出荷されるのに、ゲーム専用機のモデルチェンジは数年間に1回である。CPUおよびGPUの基本的スペックに関して、PCでは頻繁に「性能」向上がなされるのに対して、ゲーム専用機では基本的には「性能」は同一のままである。

「規模の経済」効果との関連
「経験曲線」効果との関連での説明 —- 性能ではなく、製造の単価の引き下げ

[次回の課題]
課題1.任天堂は前世代機との互換性確保に関して、「GAMECUBEまでの据置型ゲーム専用機」と、「3DSまでの携帯型ゲーム機」では、前代製品との互換性確保に関して大きな違いがある。任天堂が据置型ゲーム専用機と携帯型ゲーム専用機で互換性確保に関して異なる戦略を採用した理由を推測しなさい。
 
課題2.WindowsXPが企業で長く使い続けられている理由を説明しなさい。

カテゴリー: 2014年度, 2014教養演習A, 授業メモ パーマリンク